確定申告が必要ない副業の制限とは?

NO IMAGE

今の仕事をしているだけでは満足できず、お小遣いが欲しいなと思っている人は副業にチャレンジしてみましょう。
今は、ネットでいろいろな稼ぎ方が出来たり、簡単に出来る副業が増えてきています。

クラウドソーシングサービスを利用してお仕事を頂いたり、お小遣いサイトを利用してポイントを稼いだり、アフェリエイトや動画サイトで稼いだり、メルカリで商品を販売したり、さまざまな方法があります。

そんな中で、副業をしたら税金が面倒なのではという人も20万円までなら確定申告など煩わしい税金の手続きがいらないため、その範囲内からまずは副業でお小遣い稼ぎをしてみてはいかかでしょうか。
ただ注意が必要なのは、本業で給与所得があり、会社で確定申告を行ってくれている人だけになります。
あくまでも、副業としてやっていて、副業が給与所得となってしまうアルバイトなどといったものではないことが条件となります。
給与所得がない人は20万円以下でも確定申告が必要になります。

また、副業が本業の会社にバレたくない人もいるのではないでしょうか。
副業が禁止されている会社などでばれたら困る人は、20万以下に抑えて行うのが賢明です。
なぜ20万以下に抑えるのがいいかと言うと、それ以上稼ぐと確定申告が必要になるからです。もちろん確定申告は自分で行うため、その時点では会社にバレることはありません。ですが、確定申告の金額によって住民税がかわってきます。
その住民税は会社から直接天引きされていることがほとんどなのです。
そのため、会社からの給料でかかる住民税よりも多くの住民税の請求が来た場合、会社にバレてしまいます。そのような人は確定申告が必要ない20万円以下に抑えることが大切になります。

もし20万円を超えてしまった場合は、かならず確定申告が必要になります。確定申告を行わなけらば違法となってしまうので注意が必要です。
また、確定申告をしてもバレない副業も存在します。
それは、株式投資、Fxとなります。

こちらは、証券会社で先に税金を利益からとってくれるといった方法があります。
そちらの申請を行っておけば、確定申告をしなくてもいいし、確定申告漏れによって違法になることもないし、会社にバレるといったこともありません。

ただし、利益をあげられた年はそれでいいのですが、もしマイナスになってしまった場合には確定申告をしたほうがお得になります。
マイナスの分を取り戻すまで過去3年間分は税金がかからないといった免除を受けることができます。
ですが、確定申告を行うと、会社に報告書が届いてしまうことがあります。会社に報告書が届かないようなチェック項目がありますので、そこをしっかりと確認して行えばバレることはありませんので安心です。

このように副業をやるうえで確定申告がネックとなる人もいるとは思いますが、20万以下または確定申告が個人として必要なくて証券会社がかわりにまとめて行ってくれるようなシステムを利用して賢く稼ぎましょう。